日常 一覧

渋谷駅の戦い

  • 日常
【戦闘】 渋谷駅の戦い
交戦勢力
俺、 うんこ
地  点
渋谷駅
日  時
2013年12月5日 0818時~0849時
激戦 地
渋谷駅トイレ
結  果
俺の勝利

本日朝、通勤中に「渋谷駅の戦い」が勃発。大量の戦死者を出しつつ、我方が肛門付近でうんこ新劇を阻止した。その後休戦協定の後、速やかにうんこは便器へリリースされた。

以下に背景を含めた戦闘報告をまとめる。

■開戦前

0716時。大腸付近でうんこ軍の一部による反乱が発生。反乱軍は鎮圧されたものの、うんこ軍側が「反乱の原因はお前らにある」との主張を始めたため、我方も即座に外交ルートを通じてうんこ軍と接触した。

0723時。自宅トイレにて代表同士が会談。我方はうんこ軍に対し、毎朝の習慣である「排便」を速やかに実施するよう強く要請したものの、うんこ軍側はそれを聞き入れず、大腸に駐留し続けると通告してきた。

0740時。自宅トイレでの交渉妥結を見ぬまま、我方は出勤を余儀なくされた。この時点で、我方は戦略を「排便」から「一定期間のうんこ軍駐留容認」に切り替えねばならなかった。

0815時。それまでにもうんこ軍の小規模な反乱は断続的に続いていた。そのため、通勤電車の中でも、外交ルートを通じて「自制ある対応」をうんこ軍に求めていたが、うんこ軍側は一方的に国交断絶を通告してきた。

■開戦後

0818時。我方に対してうんこ軍が正式に宣戦布告。それと共に我方もうんこ軍に対して宣戦布告した。この時点で、我方は通勤電車の中にいたため、形勢は断然うんこ軍側が有利であった。

0819時。うんこ軍特殊作戦コマンド(略称:USOC)の1個小隊が肛門に強襲空挺高架。肛門の防衛に当たっていた肛門括約筋の1個歩兵師団がこれを撃滅した。

0822時。USOCの別働隊が後方に空挺高架すると共に、大腸から新劇してきたうんこ軍主力の2個機甲師団が合流。圧倒的な兵力に肛門括約筋はなすすべなく、撤退を余儀なくされた。このときの肛門括約筋の損耗率は3割である。

0824時。短時間で肛門を制圧されたため、我方は再度戦略を「排便」に転換し、戦術として渋谷駅でいったん下車することを決めた。

0827時。本作戦地域の地形を全く把握できていなかったため、駅員にトイレの位置を尋問したところ、「場所が分かりにくいですからご案内致します」と言われた。神風が吹いたと我方の司令部は安堵したことだ。そのため、肛門括約筋にはアナル付近での遅滞作戦を実行しつつ敵を足止めするように命令した。

0830時。「今人出が少なくて応援を呼んでますからもう少しお待ちください」という駅員の言葉に、向こうの事情はあるにしても、憤怒の感情を覚えつつ、我方はその場で停滞するしかない状況であった。しかし敵の構成は激しく、三つある防衛ラインのうち2ヶ所が撃破された。

0834時。ようやく駅員さんという増援が来た。すでに三つ目の防衛ラインもいつ撃破されてもおかしくない戦況であったが、我方は敵をキルゾーン(トイレ)におびき出して撃滅すべく行軍を開始した。

0837時。作戦ポイント(トイレ)に移動完了。しかし、「個室が空いてない」という、割と簡単に想定できる状況に陥り、ここでも足止めを食らうことになってしまった。そのとき、とうとう三つ目の防衛ラインが突破され、突出した敵の機械化歩兵1個中隊がアナルを越えた。突破された肛門括約筋のうち、一部の部隊が敵を追撃し、アナル付近で足止めしていたものの、状況は最悪であった。

0842時。水を流したのにぜんぜん出てこない糞親父とか、ブリブリ音を立てながらトイレットペーパーを巻いたと思ったら鼻をかんだだけだった糞親父とか、ゆるりと個室の掃除をしているおばちゃんなどに激怒しつつ、敵の侵攻をなんとか食い止めていたところ、やっと一つ個室が空いた。ようやく我方が反撃できるときがきた。

0845時。温存しておいた戦闘機の4個飛行隊によってうんこ軍の機甲師団に空対地攻撃を加え、さらに撤退中に敷設した遠隔起爆式の対戦車地雷を一斉に起爆。キルゾーンで敵を撃滅した。

0847時。うんこ軍総司令官のインドール将軍からうんこ軍側から停戦の申し入れがあり我方もこれを受諾。平和裏にうんこ軍は便器へ撤収した。

0849時。うんこ軍の撤収が完了し、戦闘は終結した。うんこ軍は、その後排水管を通じて下水道へ脱出したとみられる。

■教訓

元来、朝ご飯を食べたときはうんこ軍の反乱が発生しやすかったが、そのような場合はトイレでの交渉に費やす時間が多かったので、大規模な戦闘は回避できていた。

しかし今日は朝ご飯を食べていないにも関わらず反乱が発生。朝ご飯を食べないときは交渉する時間もないため、和平協定の締結に至らず、戦闘が勃発してしまった。

従って、朝ご飯も食べるにしても食べないにしても、朝早起きは必要である。

また、肛門括約筋の損耗率が高い状態での行軍は、我方に多大な負担になることも判明した。正直、歩くことで肛門括約筋の活動が制限され、結果的にうんこ軍のアナル突破を許してしまった。

以上で戦闘報告を終了する。

全盲が一般企業で働く際、困ることはいろいろあるけれど、今日はIT以外のことで・・・。

1. 人の在籍状況がよく分からない

だれかに用事があって話しかけたりしたいとき、その人が席にいるかどうかよく分からないときがある。キーボードを打ってたり、話をしていれば分かるけれども、じ~っと書類や画面を見つめている人までは認識できない。
外資系オフィスのようにパーティションで区切られて手、座ったままだと周囲の様子を見られないようになってれば、ためらわず内線をかけたりできる。けれども、「著しく生産性を低下させる」とどこかの新聞で揶揄された、オープンな、日本企業のオフィスだと、同じ島の席の人に内線を掛けるのはちょっと・・・。だからといって、同じ島でも、机二つ文ぐらい離れると、音だけでは在籍状況はよく分からないし、ましてや隣の島とか、普通だったら見える距離だけれども音でいろいろ判別するには微妙な距離となるとどうしていいのやら・・・。
まぁ、恥ずかしがらずに声を挙げて名前を呼べばいいのだが・・・。静まり返ったオフィスでは、私はあんまりやりたくない。
こういうときに、社内用のインスタント・メッセンジャーは便利そうだなと思う。うちの会社みたいに、メッセンジャーというだけで毛嫌いされてしまう敏感な会社じゃ、導入は無理だと思うけど。

2.電話の保留がわけわかめ

先進的というか、多くの会社では、部署単位または会社単位で、電話の保留バンクというのを持っていて、かかってきた電話を保留したときに自動的に空きバンクに保留するようになっている。保留された電話を取るときは、自分宛ての電話が保留されているバンクを選んで替わるわけだ。
この場合、他人が取った自分宛ての電話を取るのはそんなに難しくない。保留バンクの番号を教えてもらって、ボタンを押せばいいだけだ。
でも困るのが、自分が他人宛ての電話を取ったとき、どの保留バンクに保留されたか分からないのである。普通はランプでどの保留バンクか見るので・・・。そうすると、替わりたい相手に「保留何番にお電話です」と伝えなければならないところ、伝えられないということになる。みんな、どうしてるんだろう?
ちなみに、うちの会社の電話はそんな高機能ではなくて助かっている。保留バンクなど無くて、人に電話を替わりたいときは、単に替わりたい相手の内線電話に転送すればよいだけである。それか、受話器を渡すのだ(笑)。

3.席替えのときはほぼ役立たず

配置転換や担当業務変更などでチームが替わると、それに合わせて席替えすることがあるが、そのとき全盲はほとんど役に立たない。非常に居づらい。いっそ、席替えの日は遊休消化したいぐらいである。
手伝おうにも、だいたいそういうときはフロアがゴチャゴチャになるので、こちらとしても同僚としても「ちょっと動かないで!」ということになるのが通例だ。
フロアのレイアウト変更を伴うような比較的規模の大きい席替えならば、業者を入れたりするのであれだけど、仮にそうだとしても、移動した荷物の仕分けとかをみんながやっている間、自分の仕事をするというのもなんか・・・。あまり良い気分ではない。

4.自販機で飲み物を買うと、思っていたのと違うものが出てくることがある

最初に、自販機に点字ラベルを張ってもらうとか、どこに何があるか教えてもらったとしても、自販機というのは季節によってメニューが変わる。
冬はホットコーヒーだった場所が夏にアイスコーヒーになるぐらいの変更ならいいが、お茶のペットボトルだったところが、ある日炭酸飲料に換わっていたりすると悲しい気持ちになる。炭酸が飲めない人はもっと悲しいことだろう。
まぁ、これは別に会社にいなくても同じである。

5.会議中に何の話をしているか分からない

紙でもプロジェクタでもいいけど、資料を見ながら会議するとき、いったいどこの部分について議論しているのか追えなくなることがある。
同じ部署の場合だったら、なんとなく話の流れとかで分かったり、ちゃんと項目番号とかで話している場所を教えてもらったりすることもあるのだけれど・・・。話がはずむとだんだん普通のペースに戻ってきて、通常のように視線でのやり取りが始まる。
ましてや、他部署の、初めて打合せするような人とか、他社の人とかだと、一応配慮して欲しい旨伝えても、だいたい忘れられる。まぁ、これも、うまいこと逐次確認していくしか解決策はないのだけれど、なんとかならんもんか。

6.エレベータに遊ばれる

それなりのビルなら、エレベータホールに6機とか8機のエレベータがあるのが普通だろう。
そういう場合、どこかのボタンを押せばエレベータを呼べるけれども、どのエレベータを呼んだのか分かりにくい。ランプが点灯したエレベータが「ポーン」と音を出すタイプの機械もあるけれど、エレベータホールはそんなに狭くないため、方位を特定できないこともある。
で、そういうときに限って、手前側のボタンを押したのに一番奥のエレベータが来たりする。それを認知できた場合、すたすた奥に歩いていくのだけど、実際のところ一番奥なのか、それより一つ手前ぐらいなのかといった厳密な位置はまさぐらないとよく分からないので、恐る恐るいろいろやっているうちにドアが閉まって別の階へ行ってしまうことがよくある。加えて、こういうエレベータはホールの左右にエレベータがあるので、「これは右のエレベータが来たのだろうか、左のエレベータが来たのだろうか」ということも考慮せねばならず、まぁ、だいたい乗り遅れる。
しかも、これはうちのビルだけかもしれないが、しょうがないので乗り損ねたエレベータのところにあるボタンを押すと、今度はまたまた真逆のエレベータが来るのだ。そうして、エレベータホールを3,4回往復しちゃうこともしばしば・・・。最近、見かねた警備員さんが教えてくれるようにはなったけれど・・・。ボタンを押したときにどのエレベータを呼ぶか決定するアルゴリズムを、もう少し見直した方がいいと思う、なんちゃらビルシステムのエレベータは。

7.社員食堂はあるけど使いにくい

おいしいかどうかは別として、安い価格でご飯を食べられる社員食堂はぜひとも利用したいところであるが、そういうところはセルフサービスである。それをどうやって利用するかは重大な課題だ。
まず、「同僚と一緒に行く」という選択肢が思い浮かぶが、毎日というわけにもいかないだろう。同じ人ではなく、代わる代わる食堂へ行く同僚をみつければいいのかもしれんが、同僚がみんなコンビニのおにぎりや愛妻弁当を持参してくる人たちばかりだったらどうするのか?
とりあえずそれは置いておいて、独りでセルフサービスの食堂に行ったら何が困るかというと、まぁいろいろある。

  • メニューが分からない。普通の店みたいに、席やレジのところで聞くわけにはいかないからだ。意味が分からない人は、カフェテリアがどんな形式か調べてみるとよい。まぁ、だれかと行ったときに教えてもらって覚えればいいっちゃいいけど、メニューは変わりますので・・・。
  • 空いている席が分からない。セルフサービスであることから容易に想像できる通り、社員食堂にはほとんど人出がない。店員というか、(たいていは)おばちゃんにいろいろ手伝ってもらうのは、はばかられるほどの込み具合だし。お盆を持って白杖を使って、どうやって席を探せと?だいたい、お盆を持ってなくても、空いている席を探すというのは盲人にとって「働くのと同じぐらい神経を使う」ことなのだが・・・。

ちなみに予断だけど、全盲の人で、だれにも指図されずにお盆を水平に持てる人ってどれぐらいいるんでしょうかね?あるいは、晴眼者は、目をつむったらお盆を水平に持てるんでしょうかね?

あと、通勤中にも困ったことはある。

8.朝、うんこをしたくなっても「トイレはどこ?」状態である

平時にちゃんと通勤ルート上のトイレを確認しておけば、戦時にあわてることはないのだが、普通、通勤途中の駅を、トイレを探すためだけに利用することはあまりしないだろう。だから、いざというとき、必死に便意をこらえながら、漏れるか漏れないかのギリギリのラインで、駅員さんにいろいろお願いしなければならなくなるのだ。そのとき、たぶんすごい顔なんだろうと思う。
しかも、駅員さんに頼んでトイレまでたどり着けても、朝の駅のトイレにはだいたい先陣が個室を占拠しているため、すぐにリリースできないこともある。そういうときが、最も困る状況だ。

9. ババアがつっこんでくる

ババアでなくとも、最近はスマフォを使いながら歩く「たわけ」がたくさんいる。

10. ジジイにどなられる

てめえが死ね!馬鹿野郎!!点字ブロックの上につったってるお前が邪魔なんだよ、このハゲ野郎!

以 上。

昨日ごにょごにょとエントリーを書いたので、ついでに、具体的に仕事をしていて困ることについて書いてみようと思う。全盲限定で。

一般に、IT技術の進歩により、情報弱者だった視覚障害者は、以前に比べ多くの情報を取得できるようになったし、発信できるようになった。そして、仕事でITが活用され始めると、その領域で活躍できるチャンスが、視覚障害者、とりわけ全盲にもめぐってきた。

きちんと掘り下げると、今より2,30年以上前、全盲の仕事として「プログラマ」が注目され、当時プログラマとして活躍していた全盲もそれなりにいたようだ。

だが、それも過去の話。細かいことは省略するけど、いつのまにか「プログラマ」はおじゃんになって、今度はエンドユーザとしてITを活用した就労を考える時代となった。仕事でPCを使うのが当たり前の昨今、PCを活用できる全盲なら専門知識がなくても就労できる可能性が広がった、ということである。

けれど、実際のところ、それなりにPCを使いこなしている全盲でも、健常者と肩を並べて仕事してみると、驚きや落胆を経験することが多いはず。何より、困り果てることも多いのではなかろうか。

例えば、大多数の会社では、資料作成にWordとかExcelを使うと思うが、まず、健常者が作ったこれらのファイルを読むにはだいぶ慣れが必要だ。読み上げソフトが正確に読み上げないという問題もあるし、書式がバラバラで読み解くのに苦労することもある。そして、全盲にはほとんど理解できないであろう「色」を用いて、文書の直感的理解を促すようなケースが多い。

また、別の例として、会社のメールソフトとかグループウェアがぜんぜん操作できなくて、情報共有に支障が出る、というようなことも、全盲だったら有り得る。読み上げソフトでどう頑張っても読めないし操作できないシステムというのは、業務システムには割と多い。ただ、本当は、高機能な読み上げソフトを高レベルで使いこなせれば、実は使えるシステムだった、というケースも少なくないけれど。

余談だが、どこぞのなんとかという読み上げソフトは、「スクリプトを書けば読めないアプリケーションも読めるようになる」的なことがカタログに書いてあるけれども、あれは間違いだ。「読みにくい、あるいは操作しにくいアプリケーションが、読みやすく・あるいは操作しやすくなる」ということであって、そもそも潜在的に読めない/操作できないアプリケーションはスクリプトを書いたってなんともならん。反論したい方がいましたら、AccessBridgeを使っていないJavaのGUIアプリケーションを読み上げさせてみて下さい。 (FXとかは大丈夫なのかもしれんが、よく知りません)

この辺は、もうなんというか、慣れるか、あきらめるかのどちらかしか選択肢がない。まぁ、「慣れる」という選択肢の場合だと、いろいろ細かなテクニックはあるけど、まぁ面倒だからいいや。

これら以外にも、PCをそこそこ使いこなせていても、働いてみると落ち込むことはたくさんある。まぁ、2,3年我慢してればたぶんその辺の解決策は経験的に修得できると思うのだが...。もちろん、ただその場をしのいでいたってどうにもならない。変な話、仕事の経験を積むのと同じように、健常者の感覚や文化を理解していく手順が必要だ。

一方、本人の努力だけではどうにもならないことというのもある。IT技術がさらに進歩したり、会社の制度が変わったりしないとだめ、という意味においてだ。

私はIT関連の仕事をしているけれど、特にIT業界は様々な「技術的制約」の中で、システム開発を行ったり運用したりしなければならないことが多い。そして、そうした「技術的制約」は、ほとんどの場合、支援テクノロジと相性が悪い。

あまり具体的なことは書けないけれど、例えば、「システム開発」という仕事については、IDEを使いこなすのが全盲には厳しいので、健常者と同じ生産性でコーディングすることは、割と難しい。もちろんIDEなんか使わなきゃいいだけの話だが、どう考えても、構文エラーの箇所に色が着くあのIDEのエディタには勝てない気がする。

もう一つ。「システム運用」の場合、最近は仮想化とかクラウドとか流行だが、そうでなくとも、データセンタにサーバをハウジングするのは当たり前。するとオペレーションはリモートでやるわけだが、会社によっては、自社開発の、全くスタンダードでないプロトコルを使うため読み上げソフトが対応できないこともある。Windows標準のリモートデスクトップのRDPなら、読み上げソフトでも対応しているのに、そういう「謎のプロトコル」をリモートアクセスに使うことによって、なんか読み上げがおかしくてぜんぜん使い物にならない、というケースを聞いたことがある。Unix系サーバにするか、WindowsもSSHでなんでもできればいいのにね。でも、パワーシェルとか、その辺で最近はあれなんかね?

でだ。そもそも、リモートアクセスがうまく使えるとしても、技術的な理由でどうあがいてもサーバ側には読み上げソフトをインストールしなければならない。なので、有償の読み上げソフトならその分のライセンスが必要だ。10台も20台もサーバがあるのに、そんな本数、読み上げソフトのライセンスなんか買ってられない。

特に、名前は言わないけど、その「スクリプトが書ける読み上げソフト」は、高い金をふんだくるくせにローカライズのときになんかバグが混入するのか、著しく品質が悪いためブルスクとか発生するので、業務用のAPサーバになんかインストールしたくない、ということを思ったりもする。そういう意味では、行儀が良くてオープンソースなNVDAをもっと業務で活用できたらいいなあとは思うのだが・・・。

そうそう。もうほとんど愚痴だけど、このように便利そうなツールがあっても、ITの現場は「ツール使うな」という風潮がある。開発部隊のことは知らないが、運用部隊はどっちかっていうと「余計なツールは使わずに、今ある道具で最適の手順を考えろ」的なことをよく言われる。そういうわけなので、新しいツールを使うのが割と大変な手続きになっていたりする。まぁ、最近はマルウェアとかあるので、ゆるすぎるのもいけないとは思うけど・・・。そのくせ「スクラッチならOK」って意味が分からない。

あと、コンプライアンスは重要だが、あまりにコンプライアンス、コンプライアンス言うために、本当に必要かどうか疑問な審査/承認プロセスが介在して、結果的に業務が遅延したり損失が発生したりすることも少なくない。まったく、エンロンが余計なことしなけりゃ・・・。

だいぶ話が反れてしまったけれども、要するに、IT技術が進歩しても、職場によってはそのIT技術の恩恵を受けることができないので、全盲は苦汁をなめることが多い、ということが言いたかったのである。

今日はITにからめて話を進めてきたので、次はIT以外のことで困る話を書こう。

ところで、VDIでシンクライアントを使うのが当たり前に、たぶんもうすぐなるけど、支援テクノロジは対応できるのだろうか・・・。プロトコルがRDPとICAの二つぐらいならまだいいけど、それ以上増えると、対応しきれないんじゃないか?いや、そもそも、リモートアクセスのために追加ライセンスを買わせようとするどこかの読み上げソフトの思想を直すべきかもしれんが・・・。

会社の健康診断があるのだが、それのために検尿用機を渡された。渡されたのはいいが、なんだか先進的な検尿用機で、どうやって使ったらいいのかよく分からない。

一応、採取方法についての紙ももらったのだが・・・、以下のように書いてある。

(5)採尿の手順(ピー・ポールⅡの使用方法)
  1. ・キャップをねじらず真っ直ぐ抜き取り、採尿容器とカバーに分けます。
  2. 採尿しやすいように、キャップの上部にカバーの口部分をあわせて持ち手を長くします。
  3. 放尿中の尿に、キャップ側の中央にある採取口(かけた部分)を当てて尿を採ります。
  4. 尿を採取後、持ち手として差し込んだカバーを抜き取り、元の位置に戻します。戻すときは、カチッと音がするまでしっかり奥まで差し込んでください。

問題は三つ目の手順、つまり「放尿中の尿に採取口を当てる」方法である。

変な話、私の「ネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング砲」と同じ太さの容器であれば、弾着計算などせず、標的に砲身をぶち込んでファイアすればいいのだが、容器の太さはネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング砲よりも細い。従って、AAAでターゲットを捕捉する必要がありそうだ。

ここで問題が二つある。

第1に、「放尿中の尿」をどうコントロールするかということである。タンSAMミサイルならレーザーやGPSで終末誘導できるところだが、あいにくそのような技術は使えない。放たれた尿は有線というか、流体なので、ネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング砲の砲身を直接手動操作して発射方向をコントロールするしかないが、だからといって完全にコントロールできるわけではない。

第2の問題はまさに「under control」の問題。砲身を手動操作することで、ある程度のコントロールは可能だが、ネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング方から放たれる尿は、その日の体調によって、勢いが良い日もあれば、いまいち切れが悪い日もある。そして、地球上に存在する重力(gravity)により、一定の距離で地面へ落下していく。この一連の尿の動きをどのように捕捉するかを考えなければならない。目視できれば軌跡が分かるのだが・・・。

いろいろ小難しく書いているが、というか、実は上記二つの問題は本質的に同じ問題なのだが、とにかく「放尿中の尿にうまく採取口を当てるにはどうしたらええのん?」ということなのである。

で、健康診断担当の人(女性)は「採尿のことで分からないことがあったらなんでも聞いてくださいね」と笑顔で言っていたけれども、では尋ねていいですか?「どうやって採取口を尿に当てたらいいですか?」と。

でも、「教えて君」ではあるまいし、多少なりとも手段を検討した上で「そういう採取方法は問題ありませんか?」と尋ねる方がいいと思ったので、考えてみよう。

【手段A】 ネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング砲の砲身を採尿容器に密着させ発射する。安全そうに思えるが、ネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング砲の口径の方が容器の口径より小さい場合、溢れる。というか、それができる形状じゃないんですけど、この容器。

【手段B】 紙コップやペットボトルなど、より採取しやすい容器に尿を貯め、それをストローなどの細い管で移し替える。やれないこともなさそうだけど・・・。そこまでしてやるか?

【手段C】 っていうか受付で放尿する。それが一番簡単だ。

だいたい案も出揃ったところで、これを健康診断の担当者(女性)に確認した方が・・・いい・・・ですよね?いや・・・しなくていいですか?

いやまぁ、なんとかして採取できるっちゃできるけど。お風呂場とか、どうにでもなるところで放尿して、なるべくネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング砲を床に向けて角度がつかないようにすれば・・・いいのかも・・・しれないが・・・。

いや、とりあえず、尿の初速を計測して、地面に対してπ/4(ラジアン)の確度にネオアームストロング・ジェットサイクロン・アームストロング砲を向けて、いろいろガチャガチャ計算すればいいのかもしれないが・・・。

昔のように、紙コップに貯水したのを空気圧でボワーっと容器に吸い込むタイプの検尿用機に、戻って欲しいものだ。紙コップがゴミになるとか、採取方法が面倒だとかで、今の、なんだっけ、オナホールみたいな名前の採尿容器に変わってしまったんだと思うけれどね。

思い出したら腹が立ってきたので、怒りをぶつけます。

とある施設でのこと。障害者でも使えるように設備が配慮された施設である。そこに障害者用トイレというか多機能トイレというか、とにかくそんな感じのトイレがある。それはいい。良いことだ。

そのトイレには、ペーパーホルダーの上に、横に並んだ四つのボタンがあった。点字は書いてない。どれが何のボタンなのか・・・。点字が書いてないので、押してみないと分からない。

それで、分からないけれども、とりあえず今すぐ解放してやらないと俺の腎臓がいろいろ問題を起こす可能性があったので、いろいろ解放したわけである。一通りの解放ルーチンを終え(いや、ルーチンのチンはそういうことではなくroutineであって・・・)、「さて流すか」ということになったわけだ。

しかし前述の通り。おそらくこの四つのボタンのうちどれかが「流すボタン」であるとは思うが、はて、どれであろうか。

考え込んでいてもどうにもならないので、とりあえずトイレ内の洗面台で手を洗った。手は洗ったがトイレは流れてない。なんか、手を洗っておいてボタンを押すのも、今考えてみると順番が違う気もするが、流さねばならない。ので、とりあえず一番左のボタンを押してみた。

すると、どうだろう、便器がなんか反応した。でも、反応しただけで水が流れない。

その瞬間、便器から勢いよくシャワーが天井高く吹き出したのである。だがそのシャワーは、立ちはだかる「俺」に阻まれ、一部を除いて、壁や床にまき散らされた。そして、大半の水は「俺」のジーパンとポロシャツに吸収されたのである。

はい、そういうことなのでありました。マジ、便器をぶっ壊して野郎かと思った。多機能トイレを設置することは良し、ウォシュレットを設置することも良し、分かり安く大きなボタンを付けるのも良し。あと、点字付けて下さい。いや、付けろ!このインポ野郎!

そういうわけで、それが今日の一〇時半ごろの話。とんでもない1日の始まりだった。外は雨だし。もう、今日は寝る。明日朝早いし。

葛藤

  • 日常

踏切に人、助けようと... JR横浜線、一時運転見合わせ

なんとも、いたたまれない事故である。女性が死亡してしまったことは悲しいことだが、おじいさんの命が助かったことは救いかもしれない。死亡した女性は、線路にうずくまっていたおじいさんを助けようと、車から降りて線路の中に入ったそうである。そして、おじいさんは助かり、助けようとした女性は死んだ。

全く関係のない他人からすると、「電車を止めてなんやねん」と思う人もいれば、「勇気ある女性の行動をたたえるべきだ」という人もいるだろうし、あるいは特に何も考えない人もいるだろう。だが、当事者にとっては、どっちにしろ、とんでもないことだ。心中お察し致します。

どういうことかというと、まず、死亡した女性の遺族。これこそ突然の別れ。家族からしたら、なんというか、どう表現したら良いか分からない気持ちになると思う。はっきり言ってたまらない。たまらなく悲しく、たまらなく涙は出るだろうが、たまらなく実感が伴わない、ということになりはしないか?

そして、助かったおじいさんやその家族。命あっての物種、とはいうものの、これもまた、なんと表現して良いか分からない気持ちになるのではないか?他人の命を犠牲にして得た命。たまたま亡くなった人の臓器をもらった、というようなものではなく、明確に特定の個人を助けようという意志の下で助かった命なので、余計、死亡してしまった人への思いというのは、筆舌に尽くしがたいことだろう。私だったら、「そんなにまでして助けてもらって申し訳ない」と思い自殺をしようとするも、それでは女性が報われないと思って、お墓の前で毎日のように手を合わせながら生きていくことだろう。

でも・・・。だれも言わないと思うけど、あえていうけど・・・。女性の遺族にしてみれば、(女性との仲が特段悪くないという前提で)「そこまでして助けることはなかったのに」と思ってしまうんじゃなかろうか。なんというか、たぶんこれは失礼な発言だけど・・・。失礼というか、侮辱なのかもしれないけど・・・。でも、俺が遺族だったら、そういう思いはぜったいに抱く。限りなく罵倒に近い思いを抱く。「なんで助けになんか行ったの?」ってぜったい思う。

あぁ。つらいのう。

困る話

今朝、通勤中の駅で、親切なお方が「どこまで行きますか、一緒に行きますよ」と声をかけてくれたので、お言葉に甘えて途中までつれていってもらったわけであるが・・・。とりあえず、人混みが落ち着いた辺りで「ここからは分かりますので大丈夫です」と言って会社へ向かおうとしたのだが、さらに親切なことに「出口のところまで行きますよ」と言って下さって・・・。

ところが、こういう場面、このようにお気遣い頂くのは、盲人としては有り難いし感謝しなければならないのだが、素直に感謝できない場合もある。例えば、「出口」と言っても、だれもが知っているような大きい出口から、特定のビルに行く人しか使わないような小さい出口まで様々である。そして、小さい出口に行きたいとき、どう説明したら良いか分からないし、説明できたところで援助してくれてる人が分からなくて、あちこち聞き回ってくれてしまうことも、ときどきある。

まさに今日がその場面。私は毎日自分が使う出口だから、道順は分かる。でも、人に説明しようと思っても、出口の名前も分からないし、例えば近くのランドマークを説明しようと思っても分からないし、困ったことになってしまった。声をかけて下さった方も、道順を説明したところで、はっきりとは分からない様子。

このような場合、親切を受け入れて、とりあえず援助者が知ってるところにつれていってもらったりすると、よく分からない出口につれていかれてその後困ってしまうことが多々あるので、最近は慣れた道なら適当なところまで案内をお願いすることにしているわけなのである。しかし、今日のように「いや、行きますよ」とか「暇なので一緒に行きます」と言われることもあるわけで・・・。

まぁ、本音をいうと、正直困る。こちらが「大丈夫です」と言ってるんだから、素直に放置して欲しい。いや、援助してくれようとする気持ちは受け取りたいと思うが、こっちの意志も尊重して欲しいな、と思うわけである。

で、今日はどうしたかというと、親切は受け入れるが私の分かる道を歩いてもらうようお願いをすることとした。でもだめだった。「その道はちょっと込んでますから、別の道で行きましょう」と言われ・・・。結果的には、ぜんぜん知らない出口につれてかれてしまった。まぁ、なんとなく位置関係は予想できる程度の場所だったんだけど・・・。本当に困ってしまった。

結局、会社を目前に「ここはどこ?」状態になって、「ちょっと途方に暮れてみようかな」と思いかけたときに、また別の人に声かけてもらってなんとかなったのであるが・・・。

さて。こういう問題は悩みどころ。むげに断るのも悪いし、だからといって必要以上のヘルプはいらない。せっかく声をかけてくれた人の心を傷つけずに、必要なだけヘルプしてもらうには、どのような言葉が適切なんだろうか・・・。

まぁ、これはもう、どうしようもないから、場面場面で臨機応変に対応していくことしか手はないんだろうが・・・。でも、微妙。

ところで、ぜんぜん別件、というわけでもないが、間違った方向の親切というのも困るものだ。

例えば、駅を歩いていて「どこへ行きますか?」と声をかけられたので私が「どこどこです」と答えたら、「あぁ、そうですか。私は別の方向なので、ちょっと待ってて下さい」と言って、少し離れた場所で「あの方、どこどこまで行くみたいなんですが案内してあげて下さい」と頼む人がいる。あの・・・。すいません。自分でヘルプできないなら声をかけるのは控えて頂けると有り難いのですが・・・。

あと、電車の中で「この方のために席を譲ってあげて下さい」と座っている人に頼んでくれる人もいる。これは、善し悪しは人それぞれかもしれないが、私としては、やらないで欲しい親切の一つである。人に席を譲るよう頼むなら、あなたが捕まっているつり革をお譲り頂きたく・・・。

誤解しないで欲しいのは、親切な行為やお気持ちには感謝していることだ。その親切を適切にぶつけて欲しいのである。従って、ここで私が言いたいのは次の2点。

  • ヘルプされる側の意志や気持ちも尊重して下さい。「援助不要」の意思表示があれば放置してかまいません。まぁ、それでホームから転落して電車に惹かれたりしたら自責の念を抱くかもしれませんが、まぁ、抱かなくてOKです。
  • 自発的、かつ責任取れる範囲の親切を希望します。担当を他社に移転させたり、他人に親切を誘発させる行為はおやめ下さい。

以上。でも、感謝してますよ。昨日の帰りに改札口までつれていってくれた、かわいいOLさん。あれはたぶん13Fの受付の人か、12Fの人だな。あぁ、良い香りだった、でへでへ♪

【追伸】 そういえば、朝駅で声かけてくれたおじいさんが、電車を待ってる間に身の上話をし始めて「あなたはこんなに頑張っているのに、私はぜんぜん頑張ってないんだ・・・」みたいな趣旨のことを言いながら大泣きし始めちゃったことがあったのを思い出した。電車が来たので、泣いてるじいさんを放置して乗車しちゃったけど、あの人今はどうしてるんだろう。たしか、2008年の11月ごろの記事に書いたような気がするが・・・。

年に一度のすてきな日

  • 日常

今日はすてきな1日になりそうだ。

本日は9月2日である。今日は何の日?クンニの日。

以上。

8月20日のプライムニュースは、「少子化時代のお墓事情」ということで、番組を見ながらいろいろ思ったので、どうでもいいことを中心にメモっておこう。
本当は当日書いたのだけれど、いろいろあって公開は8/23となっているため、あんまりリアルタイムではありませんが・・・。

今日のゲストは、宗教学者の島田裕巳先生と、東洋大学教授の井上治代先生。井上教授は初めて見る人だったが(まぁ、そんなにメディア露出するような肩書きでもなさそうだし)、島田さんって、確か創価学会関連の本を書いてる人だった気がする。割とお堅い人かと思っていたが、フランクなプラグマティストのような雰囲気だったなあ。まぁ、それはどうでもいいや。

番組内容は、細かなところをざっくり落として、かなり大まかに纏めると、下記のようなものであった。

  1. まず、日本のお墓事情は家制度の名残である。歴史的には明治以降に法的に整備された慣習である。そして、都市化に伴う火葬の広まりによって、近年では家制度の象徴としての概念が強まってきた。村社会だった頃は土葬だったので、「村の墓地」があるだけで各家の墓を作る習慣は少なかったようである。
  2. しかし家制度が崩壊しつつある現在では、お墓の在り方が多様化しており、死者を葬る形式は個々人の考え方次第になってきた。家制度が機能していた時代は、長男が墓守となって守っていくというのが慣わしであったけれども、親の方が子供より長生きしたり、子供が遠方で働いているなど、昔の習わしではお墓を維持できない状況になっている。

その上で、ゲストの方の取り組みについて紹介があった。

井上教授は「桜葬」というのをやっているそうである。ものすごく簡単にいうと、桜の木の下に骨を埋めてお墓の代わりにするそうである。一応区画も区切ってあるらしい。詳細はめんどくさいのでリンク先参照のこと。ちなみに、井上教授は「こってり葬る派」らしい。

島田さんは「葬送の自由をすすめる会」というのをやっているらしい。こっちも簡単に説明すると、散骨(海や山に骨を蒔く)で死者を葬るということらしい。ということで、島田さんは「あっさり葬る派」である。

さて、ここからは私の感想である。

番組内でも前提として述べられていたことだが、この問題はだれもが共通に抱えている問題である。当然私にも関わってくる。つい先日祖母の初盆であったが、何十年かしたら自分が親の初盆の儀式を行うかもしれないし、それまでに葬儀の形式やお墓について決めておかねばならないだろう。

で、現状良心と自分の生活場所が別々で、割と遠方のため、実際に親が死んだときに墓をどうするかは問題なのである。子供としては、親には世話になっているから、責めて死んだ後ぐらいはそばで墓の面倒ぐらいは見たいと思うが、見知らぬ土地の墓に親が入りたいと思うかどうかが問題だ。もちろん、私の場合は墓の管理を自力でできるか、という問題もあるし、そもそも墓を作る場所を確保できるかどうかも怪しい。

そういうわけなので、母親の方は、「墓は作らず永代供養にしてくれ」とぼそっと言ったりもする。現実的にはそれが妥当のような気がするが、親父は墓に入りたいそうなので・・・。どうなんでしょう。

ただ、永代供養してもらうにしても、お寺に結構高額なお金を払う必要がある。まぁ「それぐらい払え」という話かもしれないが、払えない事情だってあるかもしれない。そういう場合に、前述した桜葬とか散骨といった方式も考え得る。

個人的には、自分自身が死んだときは、このように、あまり後に残らない形で葬ってもらいたいものだが、親を葬るときに、こういう選択をするのはいかがなものだろうか。別に否定的な意味で言っているのではなく、むしろ、もっと一般的な風習として定着すれば、あまり迷いもなく選択できるのに・・・、という思いがあるぐらいだ。

特に桜葬の場合、単純に骨を埋めるスペースを確保するだけでなく、「ある桜の木の下に骨を埋める」という共通点を介して、生前からコミュニティを形成していくというビジョンがあるらしく、家制度の代替として参道できる考えだと思う。少し脱線するが、墓の前に、老いた親の面倒を子供がどう見るかということとも絡んでくる話なのである。遠方に住む親を子供が呼び寄せるというパターンがあると思うが、見知らぬ土地で果たして親は満足するかどうか分からない。そうなるよりも、同じ墓に入る者同士という共通点で繋がったコミュニティを持っていた方が良さそうに思う。

まぁ、焦って結論を出すような問題では、今のところないので、そろそろ考えるのは辞めようと思うが、番組を見ていて「へえ」と思ったことを2点ほどメモしておくことにする。

1点目。現在の家制度の名残は、第2次大戦後に民法を抜本的に変えきれなかったことに由来するそうである。第2次大戦後に民法を見直す際、スローガンは「家制度の解体」だったそうなのだが、保守派の国会議員を納得させて国会を通すために、民法第897条にて、該当する条項を残したということである。詳しくは知らないが。

2点目。東京の青山霊園の使用量は一千万円ぐらいらしい。これに墓石の金がプラスでかかるそうな。東京ってのは、なんでも高いのう。

以上。

毎日自宅と職場の往復ばかりではメリハリがないので、今日はいつもと違うルートで帰ってみることにした。きっと事故っても労災は出ないだろう。

3月に東横線と副都心線が直通運転を始めて、渋谷駅が変わったので、とりあえず今日は渋谷経由で帰宅。

なんでもいいけど、遠い。東横線からJRへ行くにも京王に行くにも遠い。なんか、確かに副都心線のホームは昔から遠かったけど、直通になってから余計遠くなったような気がするんだけど・・・。いや、なんか、今日はヒカリエと繋がっている改札に出てしまったから、余計遠かったのかもしれない。

けれども、今日使った経路は就職してから数年間使っていた経路だ。渋谷駅の乗り換え以外は前と同じ道。なんだかノスタルジーだよ。時間が時間だったせいか、あまりにも渋谷駅が空いていたので若干ショックだったんだが、最近の渋谷はあんなもんなのだろうか。いやまあ、井の頭線は相も変わらず込んでたか。

でも、このルート、無駄に通勤時間がかかるのだけれど、長い距離を歩いたり小まめに乗り換えたりするので、健康には良いかもしれん。会社の近くに住めば疲れも減って健康になると思っていたが、案外そうでもないかもしれない、と思っていただけに、これがたまたまなのか、実際の効能なのかを実験で確かめて見る必要があるかもしれない。

このページの上部へ

プロフィール

結論の出ない駄文を残すことが趣味です。ついでに頭でっかち。
視覚障害(全盲)です。誤字脱字は、どうぞご勘弁ください。

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2.10