日常 一覧

結局はずれた

  • 日常

日本における9月13日は終了した。少なくとも、「名古屋で地震がある」という予言ははずれたわけだ。

世界的にはこれから2008年9月13日がスタートする地域もあるのだが、ここで取り上げてきた予言に関する地域の9.13はまもなく終了する。たぶんもう100万人規模の被害者を出す地震は起きないだろう。

今日のニュースを見ていたが、アメリカで列車の事故があったとか、爆弾テロでだれか死んだとか、台風の動きが遅くてたくさん雨がふったとか、世界的な大ニュースと言えるものはなかった。まぁ、9月12日の事件であるものも含まれてはいるのだが。

結局予言は当たらなかった。予言を信じる人には「1つぐらいはずれても、他に当たっているものがたくさんあるのだから、やはり予言者の力はすごいのだ」とおっしゃられる方もいるだろうが、その中には客観的にみるとこじつけにしか思えないものが多数存在すると思われるので、きちんと統計的に分析をしたうえでそう主張してほしい。そうすればこちらも納得できる。

第一ジュセリーノさんの予言がこの先的中するとすれば、隕石の衝突で地球は氷河期に入るのに、温暖化の影響で局地の氷が溶けて多くの国が沈む、ということになる。普通、温暖化の最中に氷河期がきたらつりあって気候は保たれる、と考えないか。科学的知見から、氷河期に入った場合の影響と温暖化の加速度合いを比較した結果、温暖化の影響が勝るというのなら理解できるが。だいたい予言者って根拠もないことをいうから意味が分からない。

ただ、今思ったが、予言とされるものに根拠が存在し、そのようになる経緯を説明できるとすれば、それは「先見性が高かった」ということになるわけで、根本的に予言とは別のものではないだろうか。「XX年に再び世界恐慌になるでしょう。何故ならYY年に世界的企業A社が倒産し・・・」というような予言があったとして、初めの予言を導き出すための根拠がさらに予言で成り立っているという状態は、予言を裏付けることにはならない。根拠となる予言を裏付ける根拠がないからだ。そして、多くの予言の根拠は予言なのである。そういう意味で、予言に根拠を求めようとするのは無意味なのかもしれない。

まぁ、これからも俺は予言がどのくらい当たるか頑張って観察していこうと思う。予言なんてないと思うが、たまに「科学では解決できないこともある」と思わせられる話を聞いたりするし、超常現象関係の話題は好きなので。

個人的には今年の年末、TVタックルでまた大予言特集をやってほしい。この先、「2012年人類滅亡説」が控えておりますので(笑)。お気づきだろうが、いろんな予言が存在していて、それらは矛盾することが多いのである。で、どの予言が正しいかという議論を、どれぐらい説得力のある根拠を以て説明できるかをみるのが、面白いのである。ある意味、娯楽を提供してくれてるんだから、予言者には感謝しないといけないかもしれない。

自民党の総裁選

  • 日常

自民党の総裁選挙が今日告示された。5人が立候補し、NHKの夜のニュースでは、候補者が出演して思いを語っていた。合同の会見が2時からあったそうだが、あいにく見られなかった。

テレビに出て自分の政策について話をしたり、他の候補者と議論したり、各地を遊説してアピールするのはご苦労なことである。自民党の総裁は事実上日本の総理大臣である世の中だ、確かにこうした選挙活動をするのは当然だろう。

ところが大きな問題がある。自民党の総裁を決めるのは自民党員なのである。そこに国民の意思は全く反映されない。国会が総理大臣を指名する制度である以上、国民は直接総理大臣を選べないのだ。

アメリカのように大統領を国民の投票で選ぶのなら良い。大統領と議会がそれほど密接ではないので可能なのかもしれない。日本の総理大臣は議会の一部だから国民が選出に関われないのである。

日本に大統領を置くのはなかなか難しそうだが、国民が直接国のトップを選べる良い方法はないだろうか。・・・でも、今の日本じゃ、年に1回首相を選ぶ選挙をしなければならないから、今の制度でちょうどいいのかもしれない。残念。

謝罪

  • 日常

今日友人と治療院へ行った。最近身体の調子がよくないので。そうしたら足がやばいと言われた。運動しなきゃね~。

ところで、治療院のそばの駅で飯を食べて行こうと思ったのだが、どこに何の店があるか分からない。しかたないので駅員に聞いてみると、近くにパスタを食べるところがあるようだ。

言われた路をパスタの店に向かって歩いていく。途中演説をやっていた。気にせず通過して店を探していたのだがみつからない。そのうち、どうやら俺達は紀勢線の周辺を歩いていたらしく、演説が止まり警備員らしき人が現れた。どうやら区民の生活を豊かにするための区役所本庁舎に関する演説を妨害してしまったようだ。阿佐ヶ谷駅でそんな話をしていた人ごめんなさい。

今日はそれだけがいいたかったの。すいません。

666

  • 日常

666が好きな数です。いろんな意味で。

昨日眠れなかったので悪魔について調べていた。そこで気づいてしまった。アラストールは地獄の死刑執行人だということに。マルコシアスは本当にオオカミの姿をした悪魔で火を吐くらしいが、エクソシストには服従するようだ。ティアマトーは悪魔になったという感じのようだが、だれかに殺されたんだって。で、ティアマトーの死骸から海ができたそうな。違うか。

ソラトという悪魔もいる。1説ではこいつが666の獣だという。だったら俺、666を崇拝するのやめようかな。本当はソラトは強い悪魔のようなのだが、灼眼のシャナの中のソラトはただのあほだった。

そしてもっと気づいてしまった。欄スロットもモルドレットもガウェインも騎士だったのである。ついでにベリアルとエリゴールも悪魔だった。上に挙げたやつらと同じく72柱の連中だそうだ。あと、ハルバートやアーバレストが武器なのは知っていたが、レーバテインも武器だったのね。

っていうか、それぞれの立場に当てはめてみると実に分かりやすいネーミングだ。じゃぁ俺ももっと悪魔学を勉強しなきゃね。

9.13

  • 日常

もうすぐ9月13日。しつこいようだが、2008年9月13日に、アジアのある国で百万人規模の被害者を出す地震と津波が起きるらしいのだ。

これは、ここでも何度か触れたブラジル人が夢に見た未来である。つまり予知夢だ。前はジョゼフィードさんと書いたが、本当はジュセリーノさんというらしい。

詳細なところは分からないが、テレビの情報から考察する限り、2007年の出来事については、あまりこの予知夢の信頼性は高くないといと考えられる。

だが2008年9月13日というのはかなり具体的な日付を表しているため、この予知夢が当たるかどうかは見物である。個人的には、5月の中国の大地震だって酷い災害で、確か数万人の被害者を出しているはずなのに、何故そっちには触れていなかったのかも気になるのだが。もしかして予知夢をまとめた書籍を出していて、そこには触れられていたのだろうか。

もし9.13の予知夢が現実となれば、いったい世界はどうなってしまうのだろうか。アジアと言ってもひろい。日本という可能性もあるが、インドネシアの方じゃ数年前にもそうした被害があったのだから、そちらという可能性も十分に有り得る。

そういうわけで、9月13日には遊ぶ予定が入っているけれど、その当たりは気にするようにしなければならないなあ。


と書いてからGoogleで検索してみると、ジュセリーノさんの公式サイトを発見。日本事務局があるようだ。なるほど、テレビで取り上げられもしたので信者がいるんだろう。またWikipediaにも記述があった。

とりあえず日本事務局のトップページにリストされていた2008年分の予言を見てみた。5月に中国で地震があるという記述を発見したけれど、5月より以前にこの記述があったかどうかは定かでない。また、9月13日の地震は主に中国で発生するようだ。中国でない場合は名古屋だとのこと。おいおい。

この他にも今年の予言を抜粋すると、8月に東京で地震が起きるとか、9月にエンパイア・ステートビルがテロに遭うとか、HIVのワクチンが試験的に作られるとか、鶏インフルエンザが流行して死者が出るとか。

今後数十年先の予言についてはWikipediaに記述があったが、大まかにいうと、火山の噴火で将来氷河期になるとか、ニューヨーク市場が崩壊して資本主義は機器を迎えるとか、100メートルを超す津波が世界中で発生するとか、そういうことが今後起きるらしい。

さてこれらについて考えてみよう。

まず地震に関する予言は非常に多い。でも、地震なんて下手したら毎日起きているので、場所と時間、規模が的中しなければほとんど予言としては無意味である。過去の地震についてはそれなりの精度で的中しているものがあるようだが、今そんなことを言われても信じられない。

次に、爆弾テロなどの予言は比較的当たっているようだ。だがこれも、世界情勢を細かく分析すれば自ずと導かれる結論のようにも思える。全体的に、自然災害に関する予言よりは、こうしたテロなどの予言の方が的中しているように見える。

そして今後の予言について。氷河期がくるというのは科学者によって考えられている説の1つであるため、そうした情報を元に主張している可能性が高い。また小惑星の衝突に関しても同様である。ただ小惑星は2029年に地球にかなり接近することは確認されているが衝突はしないということなのだが。

あと、数年後に「厚さ0.01ミリメートルのコンドームが開発される」という予言があった。ジュセリーノさん、こういうものが欲しいんだろうか。俺も欲しい。

とりあえず皆さんも探して見てみると良いが、事実と照らし合わせてみたときに、90%の的中率というのには少々疑問を感じずにはいられない。それに、日本事務局には日本に関する予言もいくつか掲載されているが、ほとんど当たっていないのだ。たぶん日本向けに適当に予言したんだろう。しかも地震が起きると予言されている地域は、昔から地震が起きるのではないかと言われている地域が多い。東京とか名古屋とか。

まあ、そういう考察により9.13も平和に過ぎると思うけれど、万が一予言が当たる場合は、名古屋での地震はやめてほしいものだ。実家が崩れても困るので。

さっき、東京都交通局の職員が少女に乱暴しようとしたというニュースをやっていた。なんでも、地下鉄に子供切符で乗ろうとした17歳の女子高生を休憩室に連れ込んだようである。

この事件だけ聞くと、この職員は馬鹿なことをしたなと思う。でも、ニュースでは女子高生の罪にはぜんぜん触れられていない。高校生は子供切符で電車に乗っちゃいけないんだぞ!!

それを理由に女の子を乱暴しようとするのも悪いが、女子高生の犯罪だって見逃してはいけない。女子高生の供述がうそであるという可能性も否定できない。職員が無実だとすると、休憩室に呼んだ職員は馬鹿だ。窓口で注意して金払わせれば問題なかったのに。

女子高生の供述が正しいなら、その職員はさようならということになるが、だからって子供切符で乗るなよ。どうせそういう女はつけあがって、これからも「悪いことをしたときに自分が被害者であるかのように振る舞うことで自分の罪をもみ消すことができる」という馬鹿な発想をしないともかぎらない。まぁこれは女に限ったことではないのだが。

だから、お互い公平に罰してね、警察の人。取り調べの様子も録音したり録画したりするようになるかもしれんのだから、そうやって通報してきた女の子に迫っちゃだ~めよ!

SEX

  • 日常

久しぶりなのでいっぱい書こうかなと思っている。そう、酔っている。

セックスしたいなあ。なんて思うのは卑猥な人間の発想だ。だが男の大半は卑猥な考えを持っているのでしかたないだろう。気をつけろ、ジェニファー。

だがセックス(sex)ってもともと性別の意味じゃなかったか?maleとfemaleだろう。そんなことも分からんのか!!なのに何故日本では性交渉を表す用語として定着してしまったのだろうか。FUCKだろFUCK!

そう、シャナが「子供の作り方教えて」って言ってるシーンを見たからさ、そういうことを思ったんだよね。子供がこういう疑問を持つといろんな人に聞くものだが、思えば俺はどうやって子供の作り方を学習したのだろうか。

俺が小学校5年生のときに初めて保健体育の教科書をもらった。運動のことなんか1ページも読まずに、2次性徴についての記述を必死に読んだ気がする。そこで、女の子には月経という、それまで想像もしていなかった現象が起こると知ったし、ちんこから精子(厳密には精液)が出ることも知った。だからこそ、いつものようにオナニーをした朝、突然手に液体が付着したあの日、「俺は大人になったんだ」と思ったものだ。

だが受精のメカニズムについての記述は教科書にあったがプロセスの記述は全くなかった。卵子に向かって精子が女性の膣の中を泳ぎ、卵子まで到達したものだけが受精できると書いてあったのである。これで本当に意味はあるのだろうか。俺は「夢精しただけでパンツの中から女の人のまんこに精子が移動すると本気で考えた。

だが実際はご存じの通りである。夢精しただけじゃ子供はできない。性交渉によって子供はできるのであって、まんこにちんこをぶち込まなきゃ子供はできないのだ。それを子供にも教えた方がいいだろう。

セックスが気持ちいいのは、たくさん子孫を残しなさいという神の与えた性質なのだろうか。でも今は子供がたくさんいると生活が苦しくなる社会。小作りに快楽が伴わなければエコな性生活がおくれるかもしれんなぁ。目指せエコセックス。子供が減れば社会保障は苦しくなるけど、たぶん地球には優しいぞ。

例の講演

  • 日常

本日はノスタルジーにひたるため、例の講演へ行っていた。分かる人には分かる例の講演。

とりあえずコンビニでブツを買って、旧ジャパネットの脇を入る。なつかしい神社。昔のようにここで2杯ほどやった。ああ、昔を思い出すね~この感覚。最近じゃ冷えたビールしか飲まないけれど、生ぬるいビールというのは青春時代を彷彿とさせる味がする。

そこで1時間ほど考え込んでから例の講演へ行く。だれもいない。じつをいうと1時間前にきたら糞が気が花火をやってたので神社脇に引き返したのである。が、夜の9時ともなればもう餓鬼はいない。のでベンチに座ってゆっくりする。イツの魔にこの講演から灰皿が消えていたのだね?困ってしまってワンワン言いそうになったよ。

まぁ、ほとんどの時間ポータブルラジオで野球を聞いていたので、ノスタルジーにひたるというより単に外で飲んでいただけだったのであるが。いつもより酔ったよ。弱くなったのもあるだろうが酔った。

帰りは結構必死だったぜ。券売機で切符を買おうと思っていたのにいつの間にか過ぎていて階段でつまづきそうになるし、適当に改札に切符をつっこんだら改札が動かなくなったし、ホームで待っている人のスーツケースを倒したr倒したりしたkれども。なんとか帰ってきた。マカロニサラダを買って。

話はぜんぜん違うが、こんなこと書いていいかどうか分からんが、友達のお母さんが亡くなったそうだ。悲しい。なんて言っていいか分からない。でも、親孝行せんとなあと思った。だから親孝行しよう。できるうちに。

The End of the Century.

主張

  • 日常

今日の疑問。競泳で、今回のようなオリンピックや世界選手権のときに、女子の選手が生理になっちゃったらどうするんだろう。学校のプールなら「今日入れません」でいいけどさ。生理でもオッケーなやり方があるんだろうか。

ぜんぜん話は違うけれど、俺は障害者の体験を健常者がするという行為には意味がないと思うのだ。

「全盲の人の体験をしましょう」と言って健常者に目隠しをして歩かせたりすることがある。学校の体験学習とかボランティアの時間とか、そういう授業で多いのではないだろうか。

だが、これは真の意味で全盲の体験をしたことにはならない。むしろ間違った感覚を植え付けてしまうかもしれない。

このような体験をした人に話を聞くと、「怖くてぜんぜん歩けなかった」という感想をよく耳にする。そんなの当たり前だ。今まで見て歩いていたのにいきなり目隠しされたら、そりゃだれだって歩けるはずがない。そして、たいていの場合全盲は初め一人で歩けないだろう。従ってここではスタートラインが間違っている。

真の意味で全盲を理解するとしたら、1ヶ月ぐらい目隠しした状態で過ごしながらリハビリ訓練を受けることによって、全盲が生活するための技術を身につけるところまでやらなければならないと思うのだ。いきなり目隠しされた健常者は、全盲をスペシャリストのように誤解してしまう可能性があるが、全盲はむしろいきなり目隠しされた健常者と同じラインからスタートしているのだ。それを、あたかも初めのラインがぜんぜん違うかのように体験させることは無意味である。

そもそも、健常者が障害者の気持ちや状況を理解するなんて不可能だと思う。一般論として、同じ体験をした人のことはよく分かると言うが、それだったらみんな一度障害者にならなきゃならん。今の医学では、片足を失った人に再び元通り片足を取り付けてあげることはできないし(義足はあくまで義足である)、見えなくなってしまった人をもう1回見えるようにすることはできない。すべての病状に対してそのような技術が可能であれば、とっくに俺は手術をしている。

このようなことから、一度障害者になってしまったら、健常者に戻ることはほぼ不可能なので(可能な場合もあるかもしれんが)、健常者が完全に障害者を理解することは不可能である。

だから、俺としては気持ちなんて理解してくれなくてもいいと思う。本当に理解して欲しいのは、できることとできないこと。頑張ればできることは障害者が自力でやるべきである。ただ、頑張ってもできないことは手をさしのべてもらえれば助かる。従って障害者体験なんてしなくていいから、できることとできないことを知識としてきちんと教え、援助方法を実践するような体験学習を今後取り入れていってほしいものだ。

北京オリンピック

  • 日常

産まれて初めて、今年はかなり真剣にオリンピックをテレビで見ている。今まではそんなに大したイベントでもなかったのだが、どうせ暇だしやることもないので、午前中は競泳、午後から夕方にかけて柔道を見るのがここ数日の日課であった。さらに、たまにバドミントンを見たり、一昨日からは野球も始まったので、ますますテレビの前から動けないのである。

野球は1戦目キューバに負けてしまったものの、昨日の台湾戦はいい形で勝つことができた。今日のオランダ戦はまぁ心配ないだろう。今のところヒットは許していないし。

柔道だけれども、期待されていた選手の予選敗退とか銅メダル止まりというのが目立っているが、それでもみんなガンバっていたと思う。金メダルだって女子と男子合わせて4つ取ったわけだし。

どの階級のときだったか忘れたけど、フジテレビが柔道の中継をしていたとき、古田が司会をやってたんだけれども、日本人選手の試合の直後、「いやぁいい相撲でしたね~」と言っていた。あわてて訂正してたけど、あれは受けたね。一緒にやってた女子アナなんて、我慢できずに大笑いしてたなあ。そういう面白い光景が他の局でもみられるといいんだけど・・・。

そういえば今日の女子78キロ超級の決勝戦の前、日本代表の塚田さん、鼻くそほじってたようで・・・。ばっちりカメラに映ってしまったようである。鼻くそはどこでふいたんだろうか。胴着でふいたんか?だから負けちゃったんじゃないだろうか。ちゃんとティッシュを使っていれば金メダルだったかもしれないのに。残念だ。

ついでにだが、男子100キロ超級で金メダルを取った石井さん。試合が終わってインタビューできるエリアにくる途中から、どうも一人でぶつぶつ言っていた。ひょっとしてインタビューの練習だったのか?練習の成果を発揮するためかどうかは知らないが、インタビューのときにはたくさん物を言っていた。「僕は全日本チャンピオンなんで、僕が負けたら日本の負けだと、斎藤先生に耳にたこができるほど言われました」とか「こういうのもなんですが、オリンピックのプレッシャーなんて斎藤先生のプレッシャーに比べれば屁のすっぽりです」とか。だれだ、斎藤先生って。最後には「今は遊びたいです」と言った後、インタビュー終了直前に「練習したいです」と訂正するし。どっちだ?

放送席では「練習したいという言葉を採用しましょう」とアナウンサーがいうと、解説していた篠原さん、「あんまりしゃべらない方がいいですね~」と辛口コメント。他の選手にの評価はそんなに悪くなかったけれど、篠原さんは石井選手があまり好きじゃないようだ。まぁ、俺もちょっと調子に乗りすぎなようは気はしたので、篠原さんを支持しようかな・・・。

余談だが、この篠原さん、俺の認識が間違っていなければ、2000年のシドニーオリンピックの決勝で、疑惑の判定によりフランス人に負けた篠原だよなあ。今大学でコーチやってたんだ。知らなかった。

ところで、女子の体操がガンバっていたようである。とても若そうで、チームの中には15歳の選手もいるとか。ただインタビューを聞くと、声が「アキバ系アイドル」にしか聞こえない。見た目は知らん。でも、あれはたぶん声優で頑張れると思うな。そっちの路に進む人はおらんかね?

このページの上部へ

プロフィール

結論の出ない駄文を残すことが趣味です。ついでに頭でっかち。
視覚障害(全盲)です。誤字脱字は、どうぞご勘弁ください。

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 5.2.10